今日から実践で使える!Google アナリティクス講座 Udemy講座 備忘録 

Google Analyticsとは?

●Goolgeが提供するアクセス解析サービス。

→Google Analytics(グーグルアナリティクス GA)を用いたアクセス解析を通じてWebサイトを分析し、コンバージョンやECサイトの売り上げアップなどを図ることができる。

●無料で利用可能・世界的に数多くのサイトで導入されている

●Webサイト運用によるビジネス、マーケティングでは必須のアイテム!!

※有料版「Googleアナリティクスプレミアム」もあるが、無料でも十分使える。

 

なぜWeb解析のデータを見る必要があるのか?

●サイトの現状把握をするため → サイトの改善をにつながる。

●ページビューやユーザーの数をただおいかけても意味がないし、それだとサイトをリニューアルする場合にどのようなサイトに再設計して良いかわからない。→1人ヨガりのサイト内容にならないようにするためにも解析データを正しく判断することが大切。

●ページビューが増えたとしても、期待するユーザーでなければ意味がない。

→なるべく期待するユーザーに訪問してもらい、期待するようなページ遷移を行なっているかが重要!!

 

★目的が明確でないアクセス解析は、具体的な改善案につながらないので、

 先にサイトの目的を明確にしておくことが大切!!

 

アクセス解析とは?

●どこから訪れたのか?

●どのページを見たのか?

●どのページでサイトを離れたのか?

●目的を達成したのか?

など定量的な数字で明らかにすること。

 

【補足】

アクセス解析の仕組みは3種類ある。

1.一番古くからあるWebサーバーのログを解析する「サーバーログ取得型」

2.HTMLファイルにJavaScriptのタグを記述する「Webビーコン型(タグ型)」

  ※GAは「Webビーコン型(タグ型)」

3.直接Webサーバーのトラフィックを測定する「パケットキャプチャリング型」

  →ホスティングやハウジングでサーバーを管理している場合は導入が難しい。

 

 

アクセス分析でできること

●ユーザーの分析

●訪問経路の分析

●行動履歴の分析・・・どんなページを辿ったのか。

 

データ送信から分析までの流れ

  1. サイト利用者がWEBサイトを閲覧することでWebサーバーに対してページ表示のリクエストを行う。
  2. リクエストを受けて、Webサーバーはページ内容をユーザーに送信する。
  3. ページが表示されると、あらかじめページに書き込んでいたJavaScriptのコードが作動し、アクセスのデータを解析マシン(GAサーバー)に送信する。
  4. データを解析マシン(GAサーバー)にアクセスデータは蓄積され、解析される
  5. 解析結果は、基本的にはブラウザなどに表示される。※解析担当者がGAのレポート画面でデータを閲覧・確認できるようになる。

GAのデータ集計結果は最短1時間、最長で24時間

GAのデータ蓄積上限は25ヶ月間

※GAのようなWebビーコン型の場合、解析を行いたい全部のドメインの全ページにJavaScriptのタグを実装する必要がある。タグの入れ忘れできちんと解析できていないことは多いので、おかしいなと思ったら、まずはタグが入っているかどうかを確認すること。

 

【補足】

ユニバーサルアナリティクス(UA)はユーザーが複数のデバイスでアクセスしても同じユーザーのデータとして計測できるようになるの。

今後はGAからUAへ完全移行されるので近い将来アカウントを新バージョンUAへ移行する必要がある。

 

 

 

 

アフィリエイト始めるなら A8.net(エーハチネット)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です