仮想通貨プログラミング入門講座 ブロックチェーンの使い方がわかる!ゼロから動画で学ぶ仕組みと理論と作り方 Udemy講座 コアコンセプト 備忘録

私が受講した「仮想通貨プログラミング入門講座 ブロックチェーンの使い方がわかる!ゼロから動画で学ぶ仕組みと理論と作り方」の講座

※講座のレベルが高いので、ある程度のオブジェクト指向プログラミグの知識が必要です。



ブロックチェーンを井戸端会議で例えると下のような意味合いになる。

 

単語
意味合い
ブロックチェーン言い出しっぺをたどること。
ブロック会話の内容こと。
ハッシュあだ名(隠語)こと。
署名嘘がつけない仕組みこと。
ブロードキャスト鏡ばりの中で井戸端会議するイメージ

誰でも情報が共有される

分散型元帳参加者1人1人がメモに残すこと。
ウォレット参加者を特定すること。
トランザクション 不確かなニュースこと。
マイング確かめること。
リワードありがとう(感謝) の意味合い
トランザクションのクリア水に流すこと。

 

 

ビットコインについて

●2009年に初めての仮想通貨として誕生した。

●ナカモトサトシ(個人?企業?)が作成したホワイトペーバー

https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

※ナカモトサトシが何者かは不明。

 

 

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です